授業体験学習

    茨城県立美浦特別支援学校   授業体験学習実施要綱

                              茨城県立美浦特別支援学校
1 授業体験学習の趣旨
   学校見学や教育相談を実施し,その結果,特別支援学校やその教育内容に対する理解と認
  識をさらに深めたいとの希望がある場合に,小・中学校在籍の児童生徒に対し,本校授業へ
  の体験参加を実施する。
2 対象者
   本校で学校見学や教育相談実施後,授業体験学習を希望する小・中学校在籍の児童生徒
   ・特別支援学校への理解を深めたい場合
   ・教育措置変更のための判断資料にする場合
   ・教  育措置変更が決定した場合
   ※ ただし,小学校6年生は,中学部体験学習での参加を優先してもらう。
3 期間・内容・実施回数について
   ・本人・保護者のニーズがあった場合,下記に従って実施する。ただし,緊急の教育措置
    変更の場合はこの限りではない。
   ・実施時間は,第1校時から第4校時までとする。

  実施期間     対象   実施目的
  1学期(6月)
  ~2学期(12月)
 ・小学1年生~中学2年生 ・特別支援学校への理解を深めることや
  教育措置変更の判断のための授業体験学習
  3学期(1~3月)
・次年度本校への教育措置変更が決定した小学1年生~中学2年生 ・次年度本校への教育措置変更が決定した児童
  生徒の転入に備えての授業体験学習

4 手続き   


⇒ 様式1 様式2   

          ※ 様式はWordです。いったん保存してからファイルを開いてください。


5 確認事項
   ・本校で学校見学または教育相談を実施した児童生徒を対象とする。
   ・所定の書面をもって手続きをする。
   ・授業体験学習の際は,保護者の責任の下,送迎・浮き添いを原則とする。
   ・授業体験学習中,当該児童生徒にけが等が生じた場合には,在籍校教育家庭内のことと
    して取り扱う。 (独立行政法人日本スポーツ振興センター災害共済の適用とする。)
   ・授業体験学習中の連携・連絡方法については,担当者間で十分に協議する。
   ・本人や保護者の都合等により授業体験学習に欠席した場合の振替はなしとする。
   ・授業体験学習にかかる経費については,自己負担とする。
 
 
Copyright 2015 茨城県立美浦特別支援学校 All Rights Reserved.